会則

松山市教育会会則

第1章 総則

(名称)
第1条 本会は松山市教育会と称する。

(事務局)
第2条 本会の事務局は会長の指定するところに置く。

 

第2章 目的及び事業

( 目的 )

第3条 本会は会員相互の親和提携をはかり、教育に関する調査研究及び会員の研修を行い、
松山市教育の進展に寄与することを目的とする。

(事業)
第4条 本会は前条の目的を達成するために次の事業を行う。
(1) 教育に関する調査研究及び教育諸条件の整備
(2) 会員の研修会・講演会等
(3) 会員の福利厚生及び相互の親和提携
(4) その他本会の目的を達成するために必要な事業

 

第3章 会員

第5条 本会の会員は次のとおりとする。
(1) 正会員松山市の国公立義務教育諸学校に勤務する教職員及び教職であったもので、原則として松山市に在住していて、本会の目的に賛同し会費を納入したもの
(2) 賛助会員前号のほか本会の目的に賛同し、会費を納入したもの

( 入退会 )

第 6 条  会員の入退会は会長に届け出るものとする。

 

第 4 章   役員及び職員

( 役 員 )

第 7 条  本会に次の役員をおく。

(1) 会  長     1名

(2) 副 会 長          4名

(3) 理  事         若干名

(4) 専門部員         若干名

(5) 支 部 長       各支部1名

(6) 会計監事            2名

( 役員の選出 )

第 8 条  会長・副会長・理事・専門部員・監事は総会で選出する。

2  支部長は各支部で選出する。

( 顧 問 )

第 9 条  本会に顧問若干名を置くことができる。顧問は会長の諮問に応じ助言する。

 

( 役員の任務 )

第 10 条  役員の任務は次のとおりとする。

(1) 会長は本会を代表し、会務を統理する。

(2) 副会長は会長を補佐し、会長事故あるときはその代理をする。

(3) 理事は、会務を執行する。

(4) 専門部員は理事を助け、会務を執行する。

(5) 支部長は支部の会務を執行する。

(6) 会計監事は会計を監査し総会に報告する。

 

( 役員の任期 )

第 11 条  本会の役員の任期は2年とし再任を妨げない。

2  補欠又は増員により選出された役員の任期は、前任者又は現任者の残任期間とする。

3  役員はその任期満了後も後任者が就任するまではその職務を行う。

 

( 職 員 )

第 12 条  本会の会務を処理するため、事務局に必要な職員を置くことができる。

事務局及び職員に関する必要な事項は別に定める。

 

 

第 5 章   会  議

 

( 会 議 )

第 13 条  本会の会議は総会・理事会・支部長会とする。

2  すべての会議は構成員の過半数の出席で成立し、議事は出席者の過半数で決する。

 

( 総 会 )

第 14 条  総会は本会の最高議決機関であって、毎年1回年度初めに開催する。

2  総会は支部長と支部評議員を代議員として構成する。

3  総会は会長が招集し、次の事項を審議する。

  1. 役員の承認及び決算の承認並びに予算の審議
  2. 会則の変更
  3. その他重要な事項
  4.  緊急必要があるときは、会長が理事会に諮って臨時総会を開催することができる。

 

 

( 理事会 )

第 15 条  理事会は会務執行について審議議決する。

 

( 支部長会 )

第 16 条  支部長会は必要に応じて開催し、会長の諮問に応じ、支部間の連絡調整を図る。

 

 

第 6 章   専 門 部

 

( 専門部 )

第 17 条  本会は次の専門部を置く。

(1) 調査研究部

(2) 福利厚生部

(3) 対策部

2 専門部会は理事及び専門部員で構成する。

 

 

第 7 章   支  部

 

( 構 成 )

第 18 条  本会は各小学校区ごとに支部を置き、支部内小・中学校に勤務する教職員及び退職教職員(以上正会員)並びに賛助会員で組織する。

 

( 支部の任務 )

第 19 条  支部は本会の目的に沿い、支部活動を推進する。

 

 

( 事務局 )

第 20 条  支部の事務局は小学校に置く。

 

( 役員 )

第 21 条  支部には次の役員を置く。

(1) 支 部 長    1名

(2) 副支部長           1~2名

(3) 評 議 員            若干名

(4) 事務局長             1名

(5) その他必要な役員

 

( 役員の選出 )

第 22 条  支部長は原則として退職会員を充てる。

2  副支部長は小・中学校長を充てる。

3  評議員は現職にあっては各校1名とし、退職者にあっては、退職会員15名までは1名とし、15名を越えるときは、15名またはその端数ごとに1名を加える。

4 事務局長は小学校教頭または教職員を充てる。

 

第 8 章   地域ブロック

 

( 構 成 )

第 23 条  本会は複数支部で構成する地域ブロックを置く。

 

( 任 務 )

第 24 条  地域ブロックは本会の目的に沿い、必要に応じて活動する。

 

( 事務局 )

第 25 条  地域ブロックの事務局は、地域ブロックを構成する支部内で定めた世話係支部に置く。

2 地域ブロックの活動は世話係支部の支部長を中心に進める。

 

 

第 9 章   会  計

 

( 会 計 )

第 27 条  本会の経費は、会費・補助金その他の収入をもってあてる。

2  本会の会計年度は4月1日に始まり、翌年3月31日に終わる。

3  本会の会費及び納入期その他会計上必要な事項は別に定める。

 

 

付  則

 

1 旧中島町の支部については当分の間、原則として中学校区とする。

 

 

本会則は昭和49年5月20日から施行する。

昭和54年6月2日改正

昭和55年5月17日改正

昭和59年5月12日改正

昭和61年5月17日改正

平成10年5月16日改正

平成17年5月21日改正

平成20年5月17日改正

平成25年5月18日改正